学資保険とこども保険の違い

学資保険とこども保険って何が違うと思いますか?どちらも子供向けの保険ですが、こども保険というのは、子供を対象にしている保険の総合的な名前だといってもいいと思います。ですからこども保険の中に学資保険があって、子供の病気やけがを保障してくれる保険は子供の医療保険ということになります。ですがよく学資保険はこども保険だと勘違いする人が多いのですがその理由としては最近販売されている学資保険が医療保障もついている学資保険が多いためにそのことから考えて学資保険とこども保険は同じだと思っている人が多いようです。

 

それぞれの保険会社では、学資保険、こども保険、教育保険といったようにいろいろな名前が付けられているのですが学資保険は貯蓄することが目的の保険でこども保険は医療保障が付いている保険だと思うのは少し早いかもしれません。今はどちらも兼ね備えた保険もあるからです。子供の教育資金を将来のために貯蓄していきたい人は、それぞれの保険会社の保険商品の名前だけで判断して選ぶのではなくて、しっかりと、保険の中身をよく理解して自分にあっている保険を選ぶことが大切なのではないでしょうか。学資保険=こども保険ではないことも覚えておきましょう。

学資保険で生命保険に備える

学資保険というのは子供の教育資金を将来のことを考えて貯蓄する保険でしたが、最近の学資保険では貯蓄を目的とする以外にも保障はかなり充実していますし種類もいろいろとあります。学資保険の目的の一番は、教育資金を用意することですがやはり医療保障や死亡保障がついている学資保険もたくさんありますよね。もしも、学資保険を選ぶ時に医療保障や死亡保障が含まれている学資保険の内容が満足できてとてもいいと思ったら、生命保険には入らなくてもいいと思います。生命保険と同じ働きを学資保険でもしてくれているからです。

 

最近では学資保険にも、このように保障に力を入れているものはたくさんありますし、生命保険の方にも、実は学資保険のような貯蓄型の保険もあります。ですからあまり学資保険だけが将来の教育資金を貯めるという保険というように固定概念をもつのではなくて、内容を見て、学資保険でなくても生命保険でも同じような機能があればそちらに加入してもいいと思います。そして学資保険でも十分に生命保険の役割を果たしてくれているような保険があるのならば、生命保険にはわざわざ加入する必要はなく経済的な負担を軽くした方がいいでしょう。

学資保険と支払い

学資保険を選ぶ時の方法などはいろいろとご紹介してきたのでだいたい分かった人も多いと思いますが学資保険を最大限に利用していくためには、毎月の学資保険料の支払いについても考える必要があると思います。せっかく学資保険にはいるのですから、どんな場合においても使える保障があればいいと思いますがそれをしてしまうと実は経済的にはかなり家計の圧迫にもつながりかねません。学資保険の保障を強化したために家計が圧迫されて十分に生活できないなんて矛盾していますよね。ですから学資保険の支払は無理がないようにするのがいいでしょう。

 

保険の内容を充実させたいと思っている人の気持ちはよくわかります。ですが自分たちの家には本当にその保障が必要なのか、それを考えてよく検討してから学資保険に入った方がいいでしょう。賢い学資保険の選び方や自分たちのライフスタイルに合わせてプランを立てて加入することで月々の学資保険料の支払いが苦しくて大変だということには絶対にならないと思います。ですから学資保険料の支払いについてはきちんと確認して、その保障は本当に今の自分たちにとって大切なのかということを考えて学資保険には加入するようにしましょう。